沖縄一人旅いいねぇ〜

沖縄一人旅というとどんなイメージをお持ちでしょうか。
実は沖縄一人旅をする人が増えているんです。
学生時代の修学旅行で、家族旅行で始めて沖縄に行ったときの新鮮さを求めて一人、ゆったりと異国情緒あふれる沖縄を満喫したい。
ホテルより旅館、レストランより食堂そんな気軽な旅が多いようです。
一人旅の楽しみ方は皆さんそれぞれでしょう。
しかし、避けて通れない事は、食べる事です。
沖縄食べ歩き一人旅で自分だけのお気に入りスポットを探索するのも楽しいです。
一度では探索しきれないほど沖縄には色んなお店がありますから、あなたのお気に入りはきっと見つかるはずです。
沖縄一人旅の目的のもうひとつは、泡盛の飲み比べです。
泡盛の酒造所は、沖縄本島だけではなく、石垣島、宮古島、久米島、粟国島など多くの泡盛ファンを魅了する泡盛の飲み比べスポットが沖縄には数多く存在します。
泡盛の飲み比べは夏より冬がお酒の保存状態も高く予約も比較的余裕があります。
沖縄一人旅で気をつけて欲しいのが台風です。
バックパッカーがよく利用する船便は台風による波の影響を受け、出港が三日から、一週間も便が欠航になる場合があります。
その時には次の便まで延泊が必要になるか、飛行機での移動を考えないといけなくなります。
天気や予算も旅のうちです。




RSS関連リンク


沖縄 一人旅


動揺し 不安と 恐怖の ドつぼに はまり 何かを 判断したり 客観的に 検討する事も 出来ず ただ 再発かもしれない という 不安と その 向こうにある 死の 恐怖と ...>>一人旅通学 - 妄想街道一人旅バスに揺られて登校中 なんかいい加減毎日見る風景に飽きて



●運命共同体??(笑)●


慶ちャん行動派だねぇ。
(*´∇`*) 沖縄一人旅ですかッ!!沖縄に友達がいたみたいだけど… 何か凄いなぁ…って。
凄いと言えばシゲと慶ちャん カラオケの盛り上げ方が同じなのね?!!(;^_^A 流石コヤシゲ!!!


一人だと感激する

沖縄一人旅をしたことはありますでしょうか、沖縄一人旅が最近流行っていて、自分だけの沖縄を発見する旅を満喫しているというのです。
沖縄一人旅の目的は皆さんそれぞれでしょうが、みどころ、食べところ、体験、シマンチュ(島民)とのふれあいを肌で感じるには一人旅があっているような気もします。
この店には毎回必ず行っています。
沖縄の何度も一人旅する人の多くは、それぞれのお気に入りのお店が何件かあるようです。
沖縄一人旅の楽しみは、やはり「食べる事」なのでしょうか、新規開拓しながらも気に入ったお店は沖縄一人旅の日程の中に無くてはならないスポットなのでしょう。
沖縄一人旅の目的のもうひとつは、ダイビングです。
ダイビングスポットは沖縄本島だけではなく、石垣島、宮古島、久米島、慶良間諸島など多くのダイバーを魅了するダイビングスポットが沖縄には数多く存在します。
ダイビングは夏より冬が海の透明度も高く宿の予約も比較的余裕があります。
沖縄での一人旅に限った事ではありませんが、沖縄を毎年襲う台風のことを忘れてはいけません。
最終日後は飛行機に乗るだけの場面で台風による出発便の欠航、延泊予算が無く、食事もままならない、次の便がいつなのかもわからない、その様な事態も想定しておく事は沖縄一人旅では、とても大切です




RSS関連リンク


沖縄一人旅・・・。


本日のゲスト 昨日、夜遅くに 東京から沖縄入りして早朝から恩納村まではるばると「体験ダイビング 」にご参加頂きました 聞けば、来年にはご結婚されるとか なのに・・・お一人 今回は旦那様は東京で一人寂しくお留守番との事 独身最後の旅行を満喫でしょうか



0901活動再開。


10月末、皆、再会。
今年、4ヶ月余。
暇→運動→痩。
気合。
方法。
ジム。
(筋トレ、有酸素、ストレッチ) 達成褒美=沖縄一人旅


フリープランを活用

沖縄一人旅をする人が最近増えています。
その多くは初めてでいきなり沖縄一人旅をする人は少ないのですが、修学旅行や家族旅行を経て沖縄の魅力に取り付かれて、休みのたびに格安ツアーやフリープランを活用してぶらり、沖縄一人旅を楽しんでいるようです。
一人旅の楽しみ方はそれぞれでしょうが、沖縄で一人旅をする人の多くはその旅行計画の中に必ずといっていいほど毎回立ち寄る場所があるそうです。
沖縄一人旅で毎回立ち寄る場所の多くは、飲食店がトップで特にディナータイムをどこで過ごすか、このことを基準に沖縄一人旅の日程が決められているようです。
沖縄一人旅の目的のもうひとつは、ダイビングです。
ダイビングスポットは沖縄本島だけではなく、石垣島、宮古島、久米島、慶良間諸島など多くのダイバーを魅了するダイビングスポットが沖縄には数多く存在します。
ダイビングは夏より冬が海の透明度も高く宿の予約も比較的余裕があります。
沖縄一人旅で気をつけて欲しいのが台風です。
バックパッカーがよく利用する船便は台風による波の影響を受け、出港が三日から、一週間も便が欠航になる場合があります。
その時には次の便まで延泊が必要になるか、飛行機での移動を考えないといけなくなります。
天気や予算も旅のうちです。




RSS関連リンク


いよいよ来週


から10日間沖縄一人旅にでます。
なんとか最初の4日間の宿は取れました。
その宿は微妙に評判がよくない感じもしますが、全部が全部悪いわけじゃないからまーいいか。
ドミトリーって初めてだからドキドキだよ。
知らない人と同じ部屋で



okinawa★ミッション


`)カナシスナァ。
あ!沖縄一人旅を地道に計画しております(^O^) 沖縄一人で行くとかかなり寂しい奴みたいやんあたしwww なんとなく一人で行きたい気分(´・ω・`) 二泊三日くらい?ふらっと行きたいんだお。
北谷やらコザやら行きたいな★沖縄のお友達にも


沖縄一人旅なぜ人気?

沖縄一人旅が最近人気です。
家族旅行や修学旅行で一度は訪れた沖縄へ今度はぶらり、一人旅をしようというものです。
沖縄旅行のリピーターに多く、その目的はそれではありますが、意外な共通点があったのです。
その共通点についてお話しましょう。
そして文末には、沖縄のたびで忘れてはいけない事も紹介します。
一人旅の楽しみ方はそれぞれでしょうが、沖縄で一人旅をする人の多くはその旅行計画の中に必ずといっていいほど毎回立ち寄る場所があるそうです。
沖縄一人旅で毎回立ち寄る場所の多くは、飲食店がトップで特にディナータイムをどこで過ごすか、このことを基準に沖縄一人旅の日程が決められているようです。
沖縄一人旅の目的のもうひとつは、沖縄ソバの食べ歩きです。
沖縄ソバの食べ歩きスポットは沖縄本島だけではなく、石垣島、宮古島、久米島、など多くのソバジョーグー(ソバ好き)を魅了する沖縄ソバの食べ歩きスポットが沖縄には数多く存在します。
沖縄ソバの食べ歩きはタクシーが駐車している店が狙い目です。
そこは安い美味いボリュームの3拍子揃っている店の証です沖縄一人旅で気をつけて欲しいのが台風です。
バックパッカーがよく利用する船便は台風による波の影響を受け、出港が三日から、一週間も便が欠航になる場合があります。
その時には次の便まで延泊が必要になるか、飛行機での移動を考えないといけなくなります。
天気や予算も旅のうちです。




RSS関連リンク


カートゥンKAT-TUN第23回


たが・・・(亀担さん、ごめんなさい )、でもきっと愛犬・蘭ちゃんにも同じような話し方をしているのでしょうね。
かめちゃんの沖縄一人旅の話はどこで聞いたんだっけ・・・?だいたい予想をしていましたが、やっぱりじゅんのを海に入れたがるかめちゃん



末06年始、お気軽沖縄一人旅ツー


から05年始にかけて、沖縄お気軽一人旅に行ってきました。
びしぃ!恥ずかしながら、只今、無事生還しました。
って、どこかで聞いた事ない??笑!そんな事は、さておき、ただいま大阪に帰りましたよ。
上記のキャラは、沖縄での天気の模様です


ダイビングは是非挑戦

沖縄一人旅が最近人気です。
家族旅行や修学旅行で一度は訪れた沖縄へ今度はぶらり、一人旅をしようというものです。
沖縄旅行のリピーターに多く、その目的はそれではありますが、意外な共通点があったのです。
その共通点についてお話しましょう。
そして文末には、沖縄のたびで忘れてはいけない事も紹介します。
この店には毎回必ず行っています。
沖縄の何度も一人旅する人の多くは、それぞれのお気に入りのお店が何件かあるようです。
沖縄一人旅の楽しみは、やはり「食べる事」なのでしょうか、新規開拓しながらも気に入ったお店は沖縄一人旅の日程の中に無くてはならないスポットなのでしょう。
沖縄一人旅の目的のもうひとつは、ダイビングです。
ダイビングスポットは沖縄本島だけではなく、石垣島、宮古島、久米島、慶良間諸島など多くのダイバーを魅了するダイビングスポットが沖縄には数多く存在します。
ダイビングは夏より冬が海の透明度も高く宿の予約も比較的余裕があります。
沖縄での一人旅に限った事ではありませんが、沖縄を毎年襲う台風のことを忘れてはいけません。
最終日後は飛行機に乗るだけの場面で台風による出発便の欠航、延泊予算が無く、食事もままならない、次の便がいつなのかもわからない、その様な事態も想定しておく事は沖縄一人旅では、とても大切です




RSS関連リンク


沖縄一人旅をしたことはあ


沖縄一人旅をしたことはありますでしょうか、沖縄一人旅が最近流行っていて、自分だけの沖縄を発見する旅を満喫しているというのです。
沖縄一人旅の目的は皆さんそれぞれでしょうが、みどころ、食べところ、体験、シマンチュ(島民)とのふれあい



沖縄一人旅


なと再認識出来た。
とりわけこれといった問題も無く、生涯に於いて初の一人旅は難なく無事にその幕を閉じる事が出来た。
終わってみればこんなものかと思えたが、全てを一人でやり遂げた達成感や充実感は、何ものにも変えられない自分への大きな


リピーターの多さが証明

沖縄一人旅が最近人気です。
家族旅行や修学旅行で一度は訪れた沖縄へ今度はぶらり、一人旅をしようというものです。
沖縄旅行のリピーターに多く、その目的はそれではありますが、意外な共通点があったのです。
その共通点についてお話しましょう。
そして文末には、沖縄のたびで忘れてはいけない事も紹介します。
一人旅の楽しみ方はそれぞれでしょうが、沖縄で一人旅をする人の多くはその旅行計画の中に必ずといっていいほど毎回立ち寄る場所があるそうです。
沖縄一人旅で毎回立ち寄る場所の多くは、飲食店がトップで特にディナータイムをどこで過ごすか、このことを基準に沖縄一人旅の日程が決められているようです。
沖縄一人旅の目的のもうひとつは、泡盛の飲み比べです。
泡盛の酒造所は、沖縄本島だけではなく、石垣島、宮古島、久米島、粟国島など多くの泡盛ファンを魅了する泡盛の飲み比べスポットが沖縄には数多く存在します。
泡盛の飲み比べは夏より冬がお酒の保存状態も高く予約も比較的余裕があります。
沖縄一人旅を何度も経験している人なら、一度は遭遇したことがあるかと思いますが、沖縄には毎年のように台風がやってきます。
そうです、かえるに帰れない事態になってしまう事があります。
その様な事態も沖縄一人旅の楽しみとして計画の一部に想定しておくといいでしょう。




RSS関連リンク


ニライカナイ 神の住む楽園・沖縄


シリーズで有名な写真家の三好和義氏ですが、原点は沖縄にあるようだ。
中学くらいのときからカメラもって沖縄一人旅をよくして、撮った写真が展覧会で賞をとったとか。
そんな三好氏の楽園シリーズで沖縄を撮ったのがこの写真集。
首里城や、いろんな



沖縄に一人旅・・・


沖縄一人旅をする人が最近増えています。
その多くは初めてでいきなり沖縄一人旅をする人は少ないのですが、修学旅行や家族旅行を経て沖縄の魅力に取り付かれて、休みのたびに格安ツアーやフリープランを活用してぶらり、沖縄一人旅を楽しん


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。